しろのブログ

しろです。読んだ本の感想や日々思ったことをそのまま口語とかでゆるくやっていきたいと思います。レビューの文体は読んだ本の文体に引きずられがち

読書レビュー 『仕事をしたつもり』 海老原嗣生

0 はじめに

※以下ネタバレ含む(?)ので注意

 

 

 

 

 

 

 

Ⅰ どんな本?(ざっくり)

 

内容はタイトルにある通り、「社会で一般的な企業などに見られる多くのことって、実は仕事をしたつもりで、中身はないんじゃない?」っていうことについて、つっこんで(?)いく本。

 

 

Ⅱ どんなことが書かれているか?(具体的に)

 

内容については、おおまかに言えば上記の通りだが、では具体的には?っていうと以下のようなことが書かれている

 

・営業で、「一日200件電話をかけろ!」という上司の指示は、数字だけをとりあえず達成するのが部下の目標となってしまい、実際にクライアントを獲得するという本来の目的の達成に対しては、全く意味をなさない

・会社の上司や同僚に義務的に年賀状を送るのは、時間と労力の無駄で、仕事をしたつもり

・何かお客様に迷惑をかけてしまった時に、必要以上にクレームや要求を出してくる人に対し、特に考えずにただ謝り続けるのは仕事をしたつもり

・「うまいラーメン屋」、「がんばろう日本!」、「お肉屋さんが作ったハンバーグ」などの街に溢れる言葉は、仕事をしたつもり(わざわざ看板に「まずいラーメン屋」などと書くはずはないので、この広告の「うまい」の部分は全く意味をなさず、製作者あるいは店主が仕事をしたつもり)

 

 

Ⅲ レビュー

 

まあ以上のようなことが書かれているが、読んでいて「ん?」ってなることが多かったように思う。

 

例えば上の「うまいラーメン屋」という看板にしても、この「うまい」の部分に全く意味がないかと言うと、そうではないように感じる

 

もちろん上の「うまい」の部分は店主の自己申告なので、本当に多くの人がうまいと感じるかどうかはわからないものの、この看板を見た人に、パッと見でただの「ラーメン屋」と書かれているのに比べれば、ポジティブな印象を与えると思う

 

また、自己申告にせよ、とりあえず「うまい」と書かれていれば、客としては「本当にうまいのか?」という疑問や興味を持つことになるかもしれないし、実際その一部が(本当にうまいのかを確かめるために)その店に入店するかもしれない

 

そのことを考えると、確かに著者の言う通り一見全く意味をなさないような看板の「うまい」という言葉も、実はないのに比べれば、ある程度の効果は集客に与えているように思う(店主が期待するような広告効果まであるのかは別として)

 

また別の上の具体例にもある、会社の年賀状が無駄というのも、少し気になる。

 

確かに、会社の年賀状を上司や同僚に送るのって無駄じゃない?っているのは、一般的な会社に入った人であれば、すぐに思った人も多いと思う

 

ただ、だとしても若い世代が「年賀状って無駄ですよね」とは、通常滅多に言えないのではないだろうか?(職場の環境にもよるだろうが)

 

著者は本書にて

「もし本当に年賀状を送らないだけで関係が悪くなるような間柄なのであれば、しょせんその程度ということです。」

と書いているが、「えぇ〜〜〜」って感じだ

 

 

Ⅳ レビューそのに

 

読んだ感想としては、書かれている内容が、「無駄っちゃ無駄かもしれないけど、そこの無駄はだいたいの人が無駄だと認識していることなんじゃない?(そして分かってはいるけど、一部の上層部が無駄ではないと思ってるから、おそらく無駄であるにも関わらず続けられてるんじゃない?)」ってことが多く、特に得るものは少なかったかなという印象

 

この無駄であるということに対し、では具体的にどうすればこの無駄を現実的な手法で減らすことができるか?という考察がされておらず、とりあえず「これは無駄!やめよう!」だけで、まぁ、そうだね、、、ということが多かった

 

例えばさっきの年賀状の話しにしても、年賀状を送り続けてる根本的な原因はそれが正しいことだと会社の偉い方たちが思っているから続けられていることで、これを現実的に変えるには、この社長やその周辺の人物に対し、どうすれば年賀状が無駄だという認識を持たせることができるか?を考えるべきであろう

 

しかし、この本にはそういったことは一切書かれておらず、「これは無駄!みんな頭使って考えずに、ただ習慣や周りに流されて無駄なことを続けるのはよくない。ちゃんと考えて行動しよう!」というのが書かれているだけ

 

う〜〜ん、別にそのことには多くの人(この本の想定読者である20、30代の若い世代だと特に)気づいていると思うけどな〜〜

って感じたり

 

Ⅴ おわりに

 

いかがだっただろう?

 

個人的には、あまり本としては得られるものは少なかったものの、アマゾンの評価はそこそこなので、気になった方は読んでみてもいいと思う(サクッと読めるので)

 

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

また次回!なのじゃ〜〜〜〜〜〜!!

読書レビュー 『マネジメント[エッセンシャル版]基本と原則』 P.F.ドラッガー

かつてのベストセラー『もしドラ』でもおなじみの本書。

 

こちらの本も非常に有名で、また売れたビジネス本ということで、読んでみたのでレビューをしていこうと思います。

 

 

0 はじめに

 

以下、ネタバレ…はもしかしたら含んでいるかもしれないので注意!(たぶんほとんど含んでない)

 

 

 

 

Ⅰ レビュー

 

まず、読み始めてすぐに思ったことが、「読みにくい」ということと、「よく分からん」ということ。

 

内容(もそうだが出てくる言葉の定義)が非常に抽象的であり、かつ言い回しが硬く、分かりにくい。

 

具体的には、初っ端から「マネジメント 」という単語が連発されるものの、これが具体的に何を意味してるのかが全く触れられない(最後の方でやっと少しそれっぽいのが出てくる)

 

一応マネジメントとは、みたいなことでちょっと書かれているがそれも、(以下本書から抜粋)

 

「まず、マネジメント とは、すでに確立された事業の管理的な活動を意味していた」(本書4ページ目より)

 

というような風で、全くもって判然としない。

 

まず読み手としては、「すでに確立された事業の管理的な活動」って何よ?って感じだ

 

「すでに確立された事業の管理的な活動」と言われ、すぐに具体的にイメージが出来る人がこの世にどれだけいるのか…

 

また、なんとなく言葉からイメージして分かるだろうと言われそうだが、であれば読み手にイメージする物の差がある程度大きくなる気がする

 

「この言葉が何を意味するかは、それぞれの読み手にお任せします」みたいな、本書の(ほぼ)全ページから溢れる雰囲気に対しては、小説なら全く問題ないが一応ビジネス書だし…と、思わず眉をひそめてしまう

 

 

Ⅱ レビューそのに

 

これは本書を読み終える直前になってから気づいたことなのだが、この本は2001年のものではない。

 

自分が手にして読んだもの自体は、2001年12月13日に初版が発行され、自分自身もその当時、つまりおよそ20年前に書かれた本だと勝手に思い込んでいたが、実はこの『マネジメント』の原本は、1973年にアメリカで発行されたものだったのだ

 

つまり今現在、2018年から数えると、45年も前の本ということになる。

 

本を読んでいる途中(というかほぼ終わりの方)にそのことに気づき、やっといくつかの点が腑に落ちた。

 

ビジネス書であるものの、書かれている企業やビジネス史とでもいうものが、非常に古い時代のこと(1970年代のこと(当時としては最近のこと)も一部触れられるが、多くは20世紀初頭から第二次世界大戦後十数年まで)であったからだ

 

つまり今から考えると、50年から100年前、あるいはそれ以上前の事を中心に語られ、そのことから「現代の」ビジネスに生かそうとしている、ということになる

 

そのことにようやく思い至った時は、「それは違和感があって当たり前だわな」ということだ

 

そもそも、(当然といえば当然だが)今現在世界で多大な影響力を与えたいるIT関連の企業について一切触れられておらず、主に取り扱われる事例の対象は、自動車メーカーであったり、銀行であったり、病院や研究施設といったものばかり

 

この本の原本が出版された頃が、日本がちょうど高度経済成長期だったことを考えると、この本がいかにClassicであるかを実感せずにはいられない

 

確かに、この本が日本で出版された2001年では、この本の持つ価値がそれなりにあったかもしれない(個人的には内容が全体的に抽象的すぎて、当時でもビジネス書というよりは自己啓発書に近いのではと思ってしまうが)

 

それは、純粋に21世紀に突入したばかりの2001年では、この本にも書かれているような、20世紀型の組織、経営などが当然に受け継がれており、1974年から、大きな変化がなかったためだろう

 

しかし、2018年の現在は違う。世界に影響力を与える企業は、googleamazonをはじめ、多くがITに関わる企業だ

 

また、今後もそのITを中心として、ビジネスの世界や、自分たちの生活はしばらく変わっていきそうだ

 

そういった中で、現在最も影響力があり、また今後もその影響力を行使し続けるであろうIT業界を除き、またITに関する技術を一切用いない時代の経営(つまり全てが紙ベース)の話を永遠とされ、「さあ、これを現在、またはこれからの経営に活かしてね」と言われても、「いや〜…」としかならない

 

 

Ⅲ レビューそのさん

 

ここ数年、世界は大きく変動しているように思う。(実際がどうなるかはさておき)AIが仕事を奪う〜とか言われたりしているし、イーロンマスクの仕事ぶりやビジョンを見聴きしていると、本当にたった10年前には考えもしなかった未来が、ほんの目と鼻の先にある気がする

 

僕個人としては、それがすごく楽しみである

 

で、なんでこんなことを書くかというと、この本を読むことによって、そのことを(ITを中心とした(ITから始まる)近年の大きな変化)を強く実感したからだ

 

この本が出版された17年前、あるいはこの本の原本がアメリカで出版された45年前とは、全く違う世界に、今の自分たちがいるのだと思い知らされる

 

現代のビジネス書というよりは、「かつてこういう風に上層部は、組織を管理、経営していた」という、20世紀の(ただし1970年頃までの)組織の経営・管理の歴史をぼや〜〜〜〜〜〜〜、っと知るのには、有益な本かもしれない

(ぼや〜を伸ばしたのは、本当に内容が抽象的で、(抽象的なものに対して抽象的に説明する、みたいな)内容が頭に入ってこないため(自分だけかもしれないが))

 

つまり、あらゆる面で、Classicな本、と言えるだろう

 

 

Ⅳ おわりに

 

いかがだっだろう

 

個人的には読みはじめて十数ページ程で、読むのをやめようと思ったが、なんとか気合いで読み終えた今、何とな〜〜〜〜く得るものはあったのではないか、と思っている

 

「本なんて読み終えた時に、1つでも得るものがあったと思えれば充分」だという言葉をどこがで聞いた気がするので、まあ結果的には良かったと思う

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

ではまた〜!

読書レビュー 『森博嗣の半熟セミナ 博士、質問があります!』 森博嗣

0 はじめに

 

以下、ネタバレ含みます!(※注意)

(といいつつ今回は殆ど含みません)

 

 

 

 

Ⅰ どんな本?

 

すべてがFになる』や、『スカイクロラ』シリーズで有名な森博嗣氏による、科学エッセイ集。

 

日経パソコン』という雑誌に、2年半掲載された同氏のエッセイ(コラム?)が纏められ、本になったもの。

 

 

Ⅱ レビュー(?)

 

森博嗣氏の本であるものの、小説ではないのが特徴。

 

会話形式の文章に、4ページ(見開き2ページ)に1つのテーマについて語られるため、テンポ良く読める。

 

本自体の大きさは小さく(文庫本サイズ)、それに対して文字は大きいため、必然的に情報量は少なくなるものの、その分難しいことは書かれていない。

 

そのため、小学生や中学生、あるいは自分のような理系ではない人にとって、理系の世界を覗く(身の回りのこれはこういった技術(仕組み)で動いていたんだ〜、みたいな)のに良い本になっていると思う。

 

また、このエッセイをきっかけにお知り合いになられ、結婚された、奥さんであるささきすばる氏のイラストがそれぞれのコラムごとに入っているので、分かりやすく、また本全体に独特のゆるさを与えている(気がする)

 

 

Ⅲ レビュー

 

本書の「まえがき」で森氏が言われてることが、この本について端的に、かつ的確に表していると思う。ので、ここでご紹介します

 

以下、「まえがき」より

 

「お断りしておきたいのは、これは専門書ではない、ということです。自分の専門分野の内容も、またそうでないものも、噛み砕きすぎるほど噛み砕き、面白可笑しく記述されているので、厳密にいえば間違いがあったり、本当はそうではない、という部分があります。(中略)

この本は、そういった目的には使わず、科学や工学の雰囲気を楽しんでもらえれば良いかな、と思います」

 

う〜ん、まっことその通りじゃなぁ〜、ってかんじですね

 

また、続きでこのようにも語られています。

 

「科学にかぎりませんが、なにごとも道理を知ることは面白いものです。1つの道理を知ったとき、いろいろなものに対してそれを応用、一見関係がないと思っていたものが、実は同じ仕組みだったり、同じ法則に従っている、というように、ものごとを広く関連づけて見る目を持つことが一番大切だと思います。だから、この本を読むときも、眠くなるまえに、ときどき気を散らして、あれこれ考えましょう。あれは、どうかな?もしかして、あれもそうだろうか?と……。」

 

こういった「道理を知る」ということの大切さ、というのは、理系ではない自分のような人にこそ、普段意識しない分、より重要なことのように思います。

 

 

Ⅳ レビュー…?

 

理系が世界の普遍的な仕組みを解き明かそうとするのに対し、文系の取り扱うテーマの中心はあくまでも「人」がメインだと僕は思っています

 

人の文化であったり、歴史であったり。政治や宗教も人がいないとはじまりませんし、芸術も多くは人が造り上げたり、手を加えたりしたものです

 

そこでは普遍的なものというのはありません。文化に基づいた価値観などは時代や地域によって大きく異なります。善悪の定義なども非常に曖昧で、常にあらゆることが01で分けられず、ただグレーゾーンの中で、その濃淡が濃くなったり薄くなったりを繰り返している

 

なので、その常に変わりゆく、人を取り巻くあらゆるテーマについて取り扱うのが、文系だと思います

 

まあ昨今では理系、文系と2つに分けて考えるのはおかしいと言われたり、最近ではツイッターなどで、「そもそも理系ではない人たちをまとめて文系といってるけど、そもそもその多くは本当に「文系」といえるだけの何かしらのテーマについて深い知識や考察をもっているのか?」とかつっこまれていますが…

僕個人としては、例えばテレビでやってる芸能関係の報道ばかり見て、そればかりに詳しい(?)人も、現代の日本の芸能史の一端に触れているという意味では、文系だといっていいと思いますが…と考えていたところで、文系とか理系とか意味ないな、と思いました

 

文系の定義とか、理系の定義とか、文系とは!とか、理系とは!とか、文系はこうあるべし!とか、理系はこうあるべし!とか、よくよく考えたら全く意味ないし、むしろそういう理系とか文系とかいう言葉自体がなくなって、そういった分け方で考えるのが当たり前、みたいなのがなくなっていけばいいなぁと思いました。(何十年後に、昔は理系、文系っていう考えかたがあったんだよ〜みたいな)

 

理系だからといって、芸術や社会や法律と無関係でいられるわけもないし、文系でも身の回りのものは機械やインターネットに囲まれて生活している

 

仕事や学問で取り扱うメインテーマは理系だとしても、デザインや法律、民俗学や政治や経営に興味があるかもしれないし、逆に文系だと言われるものを仕事や学問をメインといていても、航空力学や、宇宙物理学、コンピュータサイエンス、生物学、医学などに興味があるかもしれない

 

今でも建築とかであれば、所謂理系の計算、設計能力などと、文系のデザイン力など、両方の分野のスキルが必要となるだろうし

 

そもそも数学だって、かつてのヨーロッパでは宇宙と音楽とワンセットみたいな扱いだったのに、今じゃ数学と音楽はその時ほど距離は近くないように感じるし…(理学部だった(orである)みたいな人は何かしらの楽器が弾ける人は多いイメージはあるけど)

 

 

Ⅴ おわりに

 

後半全然本のレビューになってない気もするけど、これで終わりです!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

ではキリのよくないところで、また次回〜!

 

メビウスFFのOSTが買えない話

I メビウスファイナルファンタジー

 

メビウスファイナルファンタジー(以下メビウス)を知っているでしょうか?

 

そう、スマホWindowsでできるゲームです!

 

たまーにCMとかもやってるそうなのです(自分は一度しか見たことない)

 

グラフィックが綺麗なスマホ向けのFFゲームということで、FF好きな自分としてはやるしかない!ということで、リリース直後あたりからやってます

 

 

Ⅱ サントラ(世知辛い)

 

で、ストーリーはとりあえず置いといて、音楽が凄く良いです

 

個人的にはストーリー、音楽も初期のものよりも最近(ここ1年〜1年半程)のが良く、特にメビウスOST(サントラ)の2(メビウスOSTは現在OST1とOST2の2つ発売しています)に収録されているのが素晴らしいと思っているので、先日ネットで購入しようとしました

 

が、そう、世間はいつだって世知辛いものなのじゃ…

 

買おうとした矢先、公式のオンラインショップは売り切れで、アマゾンも公式が品切れの為かプレミア価格でしか売ってない

 

しかも調べたらどうやら公式の品切れはこの数ヶ月も続いてそうで、今後いつ販売されるかも分からない…

 

近くのCDショップに行って探して見てもやはり売ってない…

 

うーん、世知辛いのじゃ〜〜〜〜!!!(切実)

 

 

Ⅲ Recomend

 

で、サントラはそんな感じなのですが、メビウスは面白いのでおススメです

 

好き嫌いはあると思いますが、個人的には1部(ストーリーは1部と2部がある)の終盤がめちゃくちゃ熱いです

 

音楽も素晴らしいしですし(特にRay of hope)、ストーリーもスマホゲーということで、ストーリーのないストーリーに色々翻弄され、振り回される主人公が、最後はこの世界(ストーリー)をぶっ壊す!ってなるのが、とにかく熱いというか良いです(語彙力)

 

メビウスに関して終盤というか、割と最近の部分だけを推すのは、最初は結構ストーリーというか、世界観がまとまってなかったのがあります

 

2部の開始に伴い、1部のいくつかのステージ(リージョン)が廃止されたのですが、その廃止された中でとくに印象的だったのが、ハンターアイランドというリージョンです。

 

そこではエリア名が「パリピ岬」とか、そんな感じで全く本編の内容とは無関係の明らかに適当な名前のエリアが複数あり、「適当すぎるだろ」とか思ってました

 

また本編のストーリーも、「とりあえずカオスっていうFFⅩのシンみたいなのがいて、それを倒そう」みたいなので、それを早々に倒して(追っ払って?)からは、よくわかんない感じでした

 

そもそも登場人物もめちゃくちゃ少ないし、モーグリ出てきてちょっと仲良くなって主人公のために戦って消滅して主人公悲しむけど、(個人的に)いまいち感情移入できないし、というか色んな話の必然性がないように感じるし…みたいな感じだったのですが、最後がほんと良かったので全部チャラになりました(終わり良ければ全て良し感)

 

とりあえず、メビウスはいいぞ、なので、FF好きな人、気になる人はやってみてもいいと思います

 

個人的には、始まったばかりの2部が(音楽もストーリーも)すごくいい感じで、今後も良くなっていきそうな予感がするので、楽しみだったりします(新しい男の主人公がかっこよく、声も渋いイケボです(そしてその渋い声の声優は若干ハタチという驚き))

 

ロール主義者である人間たちと、自由主義者である主人公(たち)、を中心にストーリーが進んでいき、そのストーリーから、何か現代を生きる自分達に向けて、強く訴えるものを感じたりします

 

とりあえず、今後にも期待が高まるメビウスFF、是非やってみてはいかがでしょうか〜

 

なのじゃ〜

『カメラを止めるな!』が面白いらしい話

カメラを止めるな!』という映画を知っているでしょうか?

 

最近いろいろ話題で、なんか海外などでは賞をいくつかとったりしている作品らしいです。

 

Wikiで調べただけですが、監督が結構変わって(偏見)て、面白い作品らしいです

 

僕個人としては、

「変わった人=面白い人」

で、

「変わった人が作る作品=面白い作品」

みたいに思ってるので、

巷での評判もあって、是非見にいきたいと思ってます。

 

ちなみに僕は地方在住ですが、そんな田舎でも上映している映画館があるという話を聞いたので、けっこう全国的に上映されてるのかなとか思ってます

 

また実際に見に行った人によるとやはり

「凄く良かった」と言われます

 

う〜ん、気になるのじゃ〜〜〜

デュエルリンクス が勝てない話

デュエルリンクス って知ってますか?

 

そう、Yu-Gi-Oh!のゲームです

スマホとかで無料でできます

 

空牙団がつよいのじゃ〜

 

まあ今日から規制が入るそうなので、少しは落ち着くと思いますが…

 

勝てないっっ……‼︎

 

森羅使って俺強えーしてたのが楽しかったので、森羅周辺の規制が緩くなってもらいたいですけどね

 

次は何がトップにくるんでしょうか?

 

出たばかりのマーメイルやUAあたりなんですかね?

 

暗黒界が少しずつ少しずつ強化されてるのが気になりますね(そしてメインパーツがことごとくメインボックスのURなのも気になりますね(it means 超課金者向けデッキ…?))

 

わから〜ん

 

ライロのメインパーツ(ライコウルミナス援軍ソラエクあたり)はいつ収録されるんだ…

 

ライロ使っても環境トップには勝てないデュエルリンクス

 

世知辛いのじゃ〜〜〜〜〜

積ん読の話

積ん読って多くの方はどれくらいあるものなんでしょうか?

 

ちなみ僕は小説から薄い新書、学術書、技術書、洋書など全部で数百冊あります。

 

二年以上前に買ってまだ手もつけられてないのとかあります。

 

積ん読〜やばい〜」

とか思ってたところに、Twitter

積ん読はやばくない。むしろ積ん読はいっぱいあっても全然いい!」みたいなつぶやきを見たり(というか自分でそれっぽいつぶやきを探して安心しただけ)、『ユダヤ式天才教育のレシピ』という本で、「積ん読は寧ろ推奨すべき。僕なんてなん十年も前に買った本を最近読み終えたよ。haha」みたいなことが書いてるのを見てしまったせいで、気がつけば積ん読が増えに増え、狭い部屋が本で埋まってしまっているみたいな感じになっています。

 

で、積ん読が〜とか思いつつも、(部屋は狭くなるけど)そこまで問題視してなかったものの、最近になって、「いや、でも本も活用できないとただのスペースだけとるごみ(紙)じゃん!?」

となり、ようやく積ん読を読み進め始めました

 

高い本買っても、読まないと(読んで理解して何かしら吸収しないと)ただのごみ(ごみではない)なのじゃ〜〜〜

ってやつですね

 

読んだ本は、このブログでレビュー書いて、もういっかなって思ったら古本屋に売っていこうと思います(エコ)

 

積ん読の管理に昨日からtrelloというアプリ使い始めたので、そんなのも使いながらいい具合にどんどん読み進めていけたらなと思ってます…

 

本って、買っただけで何か得たような、ちょっと賢くなった気がするのは、僕だけでしょうか?

 

まあでも道具は使ってなんぼ、本は読んでなんぼ、なので、楽しみながら読んでいきたいと思いまーす

なのじゃ〜〜